腕時計が高級な装飾品として扱われる理由

腕時計は現在の時刻をすぐに知ることができる実用品ですが、現在は社会的なステータスを示す意味も含まれるファッションアイテムとして広く普及しています。特に有名ブランドの高級腕時計は非常に高額な物もあるため、実用品よりも装飾品として扱われるのが一般的です。腕時計が高級品扱いされるのは内部構造が複雑であることが大きな理由です。手のひらサイズの文字盤の内部に微小な部品がいくつも組み合わさっている構造なので、部品作りから組み立てまでは緻密な作業が必須です。高級腕時計は一流の職人がすべての工程を手作業で行うので付加価値が飛躍的に上がります。また、貴金属や宝石で飾りを作るのも腕時計が高級品とした扱われる理由のひとつです。そのため、かつては腕時計は宝石の販売店で扱われるのが普通でした。

高級な腕時計はここが違う

現在は工業製品を作る技術が進歩したことにより、腕時計も安価な量産品が多数出回るようになっています。外見は高級品とほとんど変わらない物もありますが、それでも高級な腕時計は他とは違う上品で美しい仕上がりになっているのが特徴です。使われている素材が高級なのも質感が美しい理由のひとつですが、何よりもすべての部品が職人による手作りであることが高級感を生み出しているのです。手作りなので同じ腕時計でも微妙な違いがあり、そのわずかな違いがオンリーワンの美しさに繋がっています。腕時計ごとの個性をじっくりと堪能できるのが手作りの高級品の魅力であり、型打ちの安価な量産品にはこの魅力は存在しません。

時計通販のヨシダ