電子タバコは健康に害がない

近頃、タバコの代わりに電子タバコを愛飲する方が増えています。タバコと電子タバコの最大の違いは、電子タバコには全く健康上の害がないことです。タバコにはニコチンやタールが含まれていることから、吸っている本人はもちろん受動喫煙で周りにいる人へも害をもたらしてしまいます。その点、電子タバコはリキッドをバッテリーで加熱して水蒸気にしてから吸引していきます。体に全く害がなくタバコを吸っている感覚に浸れるので、タバコを止めたい方におすすめです。

臭いが気にならないです

タバコを吸うことでタールが発生するので、強烈な臭いが漂ってくるという特徴があります。普段から愛飲している人は臭いに慣れているので、自分がタバコ臭いことに気づきません。しかし、吸っていない人は敏感なので、かなり遠くに離れていてもタバコの臭いに気づくことが多いです。その点、電子タバコの場合、水蒸気を吸引するために全く嫌な臭いがしません。したがって、周囲に迷惑をかけることもなく楽しめることがメリットといえるでしょう。

吸殻を気にする必要がない

タバコを吸うと必ず灰が出るので、外出時に吸う際は簡易灰皿などを用意しなければいけません。その点、電子タバコの場合、全くタバコの葉は使用されていません。食品添加物と香料を混ぜてできたリキッドをバッテリーで加熱して、水蒸気として吸引していきます。つまり、タバコのように一切吸殻や灰の始末を気にする必要がありません。いつでもどこでも気軽に吸引できるので、電子タバコは高い支持を集めています。

vapeとはニコチンやタールを含んでいない電子タバコです。吸い込むのは香料を含んだリキッドで、蒸気を発してタバコのような煙を発生させます。好みの味のリキッドを入れて、様々な煙の味を楽しめます。