それぞれの腕時計の種類について

腕時計には大きく分けて、機械式時計とクオーツ式時計の2つがあります。さらに、機械式時計には手巻き式と自動巻きの2種類に分けられます。手巻き式は自分でリューズを指定の方向に回し、ゼンマイを巻き上げる必要があり、自動巻きは、着用した腕を振り内部のゼンマイを巻き上げます。

クオーツ式は電池で動いているので定期的に電池を交換しなければいけません。しかし、機械式時計のように毎日ゼンマイを巻く必要はありません。もし、クオーツ式の電池が切れた状態で放置しておくと電池内の液体がムーブメント内に漏出してしまい故障の原因にもなるため、電池が切れた場合にはすぐに交換をしましょう。また、それぞれの時計は電池の交換やゼンマイを巻き上げる他、定期的にオーバーホールする事が重要です。

腕時計の様々な楽しみ方

腕時計はビジネスシーンで使用する他、プライベートなどにおいてファッションの一部として着用するものまで幅広くあります。腕時計はベルト変えるだけで印象が大きく変わります。また、中には気軽にベルトを交換できる時計もあるため、自分の好みに合わせた腕時計を着用して楽しめます。ベルトにも様々なデザインがあり、金属や革の他にもラバーやナイロンなどその種類は豊富です。

腕時計には様々なモデルやデザインのものがあるため、複数所持しておけばその日の気分に合わせて着用できます。また、着用するシーンに合わせて時計を選ぶ事も重要です。ビジネスシーンで着用する場合にはシンプルなデザインのものを選ぶなど、その場の状況に合わせた時計を選びましょう。

パネライ時計は、ラジオミールとルミノールの2種類あります。種類の見分け方は、ケースの形状によって決まります。