環境保護に熱心な企業としてイメージアップに繋がる

屋上緑化は、都市部の気温上昇の抑制の観点から、今や業種によらず多くの企業の間で様々な取り組みが行われています。屋上緑化のメリットは色々ありますが、全国で事業を展開している企業にとっては、メディアを通じて環境保護に熱心なことを顧客や一般の消費者に対し大々的にアピールすることが可能です。また、屋上緑化を推し進めるうえで蓄積したノウハウを環境事業に応用することにより、新たなビジネスチャンスを掴めることもあります。なお、屋上緑化の実施状況について、自社のコーポレートサイトやブログなどに掲載をしたり、株主総会などで動画を使って紹介したりするところも増えています。

建物の劣化のスピードを遅らせることができる

屋上緑化は、建物を紫外線や酸性雨、排気ガスなどから保護して、老朽化のスピードを遅らせるために有効な方法として捉えられることがあります。特に、都市部の高層ビルは様々な外的要因によって建物の劣化が進みやすくなることから、早期に造園の技術に長けた工務店にサポートを依頼して、適切な対策を立てることが大切です。屋上緑化に用いる植物の本数や配置の仕方は、建物の構造や階数などによって大きく異なるため、植物を枯らさないようにするために、信頼できる職人に対応を任せることが肝心です。その他、長期にわたり屋上緑化を効果的に行うには、定期的に草花や樹木の手入れを行ったり、スプリンクラーや貯水槽の状態を点検したりする必要があるため、継続して契約を結べる工務店を見つけることがポイントです。

建物の屋上に植物を植える屋上緑化は地域の急激な気温の上昇を防ぐ効果があります。その一方で、落ち葉が周囲に飛散する欠点もあるので、植える際は落葉しない品種を選ぶのが管理の手間を省くコツです。